開運スピッツ

好きな人を虜(とりこ)にしたいと夢見る君へ送る魔法

好きな人を虜(とりこ)にしたいと夢見る君へ送る魔法

誰だって1度は思うんじゃないだろうか。
好きな人が、自分に振り向き、そしてそして、虜(とりこ)になってしまう。
そうなったらどんなにしあわせかって。

虜(とりこ)ってわかんない?
ようは君のことに夢中になってしまうってこと。
そんなの、できっこないってあきらめてしまう?

いやちょっと待とうよ。
君に1つ魔法を教えようと思う。
特別な能力は必要ないんだ、君の気持ちがこの世界にアンカーされるように。
それが、君の好きな人に届くように。

まずは必要なものの準備。

ピンク色のキャンドル1本
赤リンゴと青リンゴ各1個
ペンと紙
3つ編みにした絹糸

ケルト民族の間では、リンゴの木は命の木ともいわれている。
魔法円を描くときもリンゴの木の枝を使う。
そう、リンゴの木はもっとも魔力の強い木なんだね。

この魔法は新月からスタートして満月の間に行うこと。
そして、実行するまでの49時間の間、用意した絹糸は身につけておくことが重要。
糸の色は赤か赤紫。

神聖な気持ちで部屋に入ろう。
キャンドルを灯し、腕を伸ばしてリンゴをのせた両手のひらを差し出し、ヴィーナスの祝福を求めよう。

2種類のリンゴは慎重に半分にカットしよう。
種はナイフの先をつかって丁寧にとり除こう。

用意した紙に、好きな人の名前を書こう。
そして、こうも書こう。
『私は素敵な日々を過ごしています。私はいつも彼(彼女)の前では魅力を発揮できます。ありがとうございます』

ここで1つ注意。
もうすでに、お付き合いしているのなら、効果は無い。
これはまだ手の届かない人にむけてする恋の成就のおまじない。

さて、カットした青リンゴと赤リンゴ。
半分ずつ取り、その間に紙をはさんで絹糸で離れないように縛ろう。
そして残ったリンゴは、心の中で願いをつぶやきながら、食べてしまおう。

絹糸で縛ったリンゴは木か窓枠に下げておき21時間。
忘れないように時間をはかり、リンゴを取って糸をはずそう。
リンゴは切り分け、小鳥がついばむように、外におこう。

外した糸は家の中の、君の宝箱の中にそっとしまっておこう。

紙ととっておいた種は、母なる大地の恵みに感謝してそっと埋めよう。
種が芽吹き、新たな命が生まれるとき、君のねがいもきっと叶う。

以上だけど。
けど・・・、1つだけ。
こんなことを言うと君はがっかりしちゃうかもしれないけど。
正直に言うと、人の気持ちを変えるのは難しい。

だけどね、こんなおまじないまでする「自分」ってめちゃくちゃかわいいじゃない?
そうして自分を愛しく思えたら、より君の魅力はUPする。
すると、より願いは叶いやすくなるというもの。

君の恋が素敵なものとなりますように。

Return Top