開運スピッツ

雨の夢占いの常識って世間の常識と食い違ってることが多いよね

雨の夢占いの常識って世間の常識と食い違ってることが多いよね

雨の夢を見たときは

一口で「雨」といっても、いろんな状況がありますね。
大雨にぬれちゃうのか、もしくは部屋から眺めている「雨」が印象的だったのか。
そして、現実の雨にも「恵みの雨」であったり、もしくは「雨で中止」という障害だったり。
そうした雨の降り方や、状況でこれほど真反対になっちゃとは・・・というのが「雨の夢占い」です。
基本的に雨の夢は、現在の感情状態を表しています。いまの自分について、教えてくれる、気づかせてくれる手立てともなるでしょう。

雨の夢占いの意味

冷たい雨
悲しみ、試練、辛酸を意味します。要注意です。
豪雨
現在、好調な人、蓄財している人は、得たものが一気に洗い流されかねないという象徴で苦痛の大きさや精神的動揺の激しさを表しています。また、時に泥沼の恋愛も表します。
現在、苦境にある人は豪雨によって苦境が一気に洗い流されます。
シトシト降る雨・穏やかな雨
精神的余裕や情操ゆたかなことの象徴で、家庭の幸福を現します。
ですが、外での仕事をメインにする営業・野外労働者の方がこの夢をみると、損失を告げる凶夢。
長雨
邪魔が入って計画が思うように進まないことがありるかもしれません。
にわか雨・夕立
感情の解放や発散を表し、やがて気が晴れることを表しています。はげしいほどその後の運勢は順調に進んでいきます。
日照続きのあとの雨
まさに恵みの雨で、救いがあることを表しています。

心の中で急激な変化が起こっていることを暗示しています。感情の同様が激しい状態です。今までの信念や価値観がくつがえされるような出来事も象徴しています。
雨でずぶぬれになる
運気の停滞です。
雨の中をぬれながら歩く、走る
忍耐・スランプの時を暗示します。
降り続いた雨が上がって晴れる
悪因縁が払われて悩み事が消え行くことを表します。
雨が降るが自分だけ濡れない
憂いごとが生じるが難を避けることが出来ます。
傘をさして雨の中を歩く
これも憂いごとが生じるが難を避けることが出来る暗示ですが、傘をさしているのに濡れる場合は、手を打っても難しいことを暗示します。

Return Top