『条件付きの幸せ』は不幸のモト|斉藤一人さんの名言より

斉藤一人さんの成功脳をインストール

斉藤一人さんの人生がうまくいくお話&考え方を短い読み物にしてみました。

幸せになるために条件はいらない

私にも身に覚えがあります。
自分にはあの人のような才能が無いからダメなんだ。
自分のおかれた環境だと幸せなんてなれないんだ。

でも、人間は欲望にきりがないので、決して幸せにたどりつくことはありません。

そうした条件付けの幸せを望む人は、愛情のありかたも条件付きです。
無条件で愛するわが子に出でさえ、
「もっと勉強ができたら」
「もっとスポーツができたら」
「もっと鼻が高かったら」
と容貌にまで言及します。
自分のことは高い高い棚に置いたままです。

条件をつけだしたら際限なく出てくるわ出てくるわ。
でもそんな条件がそろうことなんてあるわけありません。

そして、そんな人はたとえ環境が変わっても、いろんな条件が変わっても・・・。
無いものねだりで不幸のネタを探します。

悪いとこに意識をむけると、人は意識を向けたものを拡大するので、どんどん不幸は膨らむばかりです。

大切なのは、心の在り方です。
いまある環境で、いまある状態で、その場で幸せになることを考えるのです。
どうしたら、人の役にたって喜んでもらえるか。
それを考えるのが大事なのです。
結局のところ、人は自分が誰かの役に立つことに喜びを感じ、そしてその状態に幸せを感じるからです。

相も変わらず、こうだったらいいのに、こうじゃないとダメなのにと不幸探し名人の人は、自らが不幸を招いているのです。
結局所、人は自分以外はコントロールできないのです。
自分すら、なかなか難しいのに、ましてや他人や社会環境なんてコントロールすることはできません。
ではどうしたらいいのですかっていうと、一番いいのは「自分が変わる」ことです。
自分が心の在り方を変えて、まずは言霊の力も借りて
「幸せだなぁ」
と天国言葉を言えばいいのです。

(ただ、往々にしてそういう人ほど天国言葉がいいよって聞いても、あれやこれやと言い訳しては実践しないようですが・・・。)

自分は選ぶことができる

例えばいまいる職場でどうやったら幸せになれるかを考えたとしてみましょう。

仕事は選べないけど、どういう気持ちで働くかは自分で選ぶことができますね。
これはこういう人たちに喜んでもらえる仕事だ、誰かの役にたつ仕事だと。
そうした気持ちは自分で選ぶことができるのです。

自分がどんな気持ちで過ごすかって、精神的にはもちろんですが、肉体的にもすごく影響を与えることなんです。
そして、それは自分で選ぶことができるなら、自分を喜ばす気持ちで取り組むのが結果的に自分を幸せにしていくのです。

つまりはどんな場所にいても『どんな気持ちで生きれるか』は自分で選ぶことができるのです。

こうしたことを、不幸探しの名人はしないのです。
こうしたほうがいいよ、こんな考えもあるよ、自分の考え一つで変わるんだよっていくら教えても、知っていてもやらないのです。

今の現状のままでどうやったら幸せになれるか。
それを考えられる人が、結局は仕事にしても何にしても成功できる人なのです。

私たちのいる地球は実際自由意志のある星でもあるので、何を思ってもいいのです。
ですが、いくら思っていても周りは変えようがありません。
変えるることができるのは自分の考え方、自分の心の在り方だけなのです。